利益主義FX

人気記事ランキング

ホーム > 金融 > ローンの固定金利と変動金利

ローンの固定金利と変動金利

借りる金額がそれほど多くない時には、固定金利でローンを組むことが大半だといいます。まとまった金額を借り、完済までに時間をかけるという時は、変動金利になりがちです。ローン融資を受ける時に、変動金利と、固定金利とでは、どんな違いがあるのでしょうか。金利が途中で変わることがなければ、最初にローンを利用した時に、利息額が確定されます。しかし、変動金利より、固定金利のほうが借り手にとって都合がいいだということはできません。確かに利率が変わらず固定のままであるのは、安心できる部分でもあります。利息を比較した場合、固定金利で融資を受けるほうが、返済総額が多くなることがあります。経済情勢が変わることで金利は上下しますが、短い期間でいきなり金利が上がったりはしないものです。返済総額を少なく抑えたい場合は、得に住宅ローン等の借入金額が大きいものは変動金利が適しています。ある程度のリスクが含まれている金融商品は、リスクが排除されている金融商品よりも、結果的な得が大きくなります。安全なローンを利用するのか、お得なローンを利用するのか、どちらを選択するかによって選ぶことになります。消費者金融は固定金利のものを、銀行は固定金利も変動金利も両方のタイプを用意していることが多いようです。

 

カードローン


タグ :