利益主義FX

人気記事ランキング

ホーム > 為替 > 技術練磨に手数をあてることで結果として

技術練磨に手数をあてることで結果として

自分の得意なレートのトレンドや変動幅を研究し、原則を作ってしまいましょう。ユーロ円(EUR/JPY)は唯一の対円取引ですが、ユーロは大小の国が加盟しているため為替変動ファクターを掴みにくいという特殊性があり、技術が必要です。

 

どっちにしても、ギャンブルをせずトレンドに乗って、買い時、売り時のチャンスをとらえれば、リターンは付いてくるものです。

 

たいていの場合、相場の流れに追従していくMACD(マックディー)と、通貨の振幅を計測するスローストキャスティクスを使い分けることは効果的です。外為証拠金取引でおおきくマイナスを出すトレーダーの特性は、理由付けなくレートが戻すだろうという期待を抱くことなのでしょう。ロスカットは大切です。

 

戻すかもしれないとまだ期待してポジションを保有しているとハードなことになるので、初心者は損切りのタイミングは早めに設定すべきです。もし暴落してロスになったら、ポジションは早く損切りを行うのがいいわけです。戻すかもしれないという変な安心は暴落時には持たないように。

ひげ永久脱毛